2007年11月30日

愛しのサザビー

強く生き抜いた女性がいる。

迫りくる死の恐怖と戦いながら、残された日々を懸命に生きた女性がいる。

愛しい愛犬との過ごしたかけがいのない時間を、彼女は文章にして残しました。

命の大切さ、生きることの素晴らしさ。一日、一日を過ごすことがどれだけかけがいのないことなのか。



そんな彼女が他界して、ちょうど一年。

14日には書籍が出版され、そこに載っている写真は、幸せだった瞬間を永遠に刻み続けている。
c1df283e.jpg

愛しのサザビー


AYAさんが虹の橋でたくさんの動物と遊んでいることを願っています。


ニックネーム ゆり at 15:37 | TrackBack(0) | 祈りの果て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

鎮魂


人が死ぬって

どういうことだろう?

小さな頃からの疑問。そして、今も。

でね、ちょっといいサイト、見つけた!


http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

上凄くいいです!是非みてほしい。

AYAさんも、みんなの大切な方も、振り返ればきっといるんだよね?

立ち止まるその時まで、懸命に生きよう。

AYAさん3.jpg


 
みんなの祈り、AYAさんに届け!!

  写真お借りしました。

ニックネーム ゆり at 07:58| Comment(16) | TrackBack(0) | 祈りの果て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

黙祷〜みんなの祈りの果てに・・〜


人の死は辛い。

辛い。

そして悲しい。


私の尊敬する方が、亡くなったようです。。

私がインターネットを始めた夏の終わり、その方のブログに出会いました。

読みやすくて親しみを感じる文章に、可愛いパピヨン。


こちらからもリンクを張らしていただいている、

『愛しのサザビー』のAYAさん。http://blog.livedoor.jp/sazaby_9966/

長い闘病生活、どれだけの苦しみに耐えてきたのでしょう。

壮絶な痛みに満ちた生活は私の想像を絶するものだったでしょう・・

近いうちに、入院中の彼女への応援の意味でお友達紹介する予定でした。
その前に天に召されてしまいました・・

なんで彼女が、こんなに早く逝かなくてはならないんだろうか。

答えなんてきっとない。

そんなこと、わかっているんだけれど・・


だけど、短い間に何人も知り合いを亡くすと、心がおかしくなりそう。

彼女の死は、彼女が続きを託した
「その後のサザビー」http://blog.livedoor.jp/the_later_sazaby9966/
で知りました。

何日か前の記事から嫌な予感してたから、昨日は怖くて見なかったんだ。

記事タイトル「追想」だと、誰でも嫌な予感しますよね・・

AYAさんは最期まで本当によく頑張った・・

21e2657b-s.jpg

写真お借りします。




AYAさん
ニックネーム ゆり at 11:11| Comment(14) | TrackBack(0) | 祈りの果て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする